試験要項 概要

  1. 試験の構成
  2. 「ITソフトウェア翻訳士認定試験」は、1次試験と2次試験が実施されます。1次試験では、現在あなたが持っている “ITソフトウェア分野” での実務翻訳能力を判定します。2次試験では、ペーパーテストでは判定できない翻訳者の能力を再度判定します。

  3. 受験資格
  4. 特にありません。どなたでも受験できます。

  5. 受験料
  6. 税込5,000円 ※2次試験の試験料込み

第25回 試験日程と試験内容

(1)1次試験(技術文書の翻訳、筆記試験)
日 時 2017年10月1日(日) 10:00~15:00
受験形式 Eメールを使ったオンライン筆記試験
出題内容 ITソフトウェア関連の技術文書の翻訳(英文和訳)
出題方法 試験当日10:00に、指定のURLに下記を掲載します。
・受験についての注意事項
・試験問題文
・翻訳仕様書
解答方法 上記試験時間内に、Eメールで答案を送信してください。
送付先:

・テキストファイル(拡張子txt)に記入してメール添付
・Macの方はリッチテキストでお送りください
詳しくはこちらの「受験の手引き」をご覧ください

評価項目 ・英語構文解析力
・日本語文章力
・技術内容理解力
・仕様書厳守、用語集遵守

(2)2次試験(面接試験) ※1次試験合格者のみ受験可
日 時 2017年10月22日(日) 10:00~17:00のうち、1時間程度の面接を行います。
会 場 ★東京会場 (株)エイブス
東京都世田谷区駒沢2-12-3 大幸ビル6階 >>地図
★大阪会場 (株)翻訳センター
大阪市中央区久太郎町4丁目1番3号 大阪御堂筋ビル13階

レベル判定

1次試験と2次試験の結果から、1級~5級にランク付けされます。
1級(合格) ITソフトウエア翻訳者として通用します
2級 ITソフトウエア翻訳者としてサポートを受けながら翻訳できます
3級 もう少しITソフトウェアの翻訳経験を積む必要があります
4級 もう少しITソフトウェアを含む技術翻訳全般の勉強が必要です
5級 もう少しITソフトウェアを含む技術翻訳全般と英語力を高める必要があります
※1級取得(合格)の方には認定証をお渡しします

お申込みから合格まで

8月8日(火)~9月29日(金)15:00 メールでお申込、受験料振込

  • 受講申込みメールをお送り頂き、自動送信メールに従って受験料をお振込ください。
  • 受験お申込みメールを送付頂き、受験料お振込み頂いてから土日祝日を除く3日以内に事務局から「受講のご案内」という件名のメールをお送りします。「受講のご案内」には、試験URLへのログイン情報などを記載しています。
  • 「受験のご案内」が届かない場合は、大変お手数ですが認定試験事務局(株式会社エイブス内)TEL03-5431-6371 または までお問合せください。

10月1日(日) 1次試験(オンライン筆記試験)


10月13日(金) 1次試験合否通知

  • 1次試験の合否はメールで通知します。
  • 合格者には2次試験の受験案内をメールでお送りします。

10月22日(日) 2次試験(面接試験)


10月23日(月) 2次試験合否通知

  • 2次試験の合否はメールで通知します。
  • twitter(@it_nintei)で2次試験合格者の受験番号をお知らせします。
  • 1級取得者(合格者)には、改めて「認定証授与式&お祝いの会」のご案内をお送りします。

10月24日(火) 評価レベル送付

  • 1級合格以外の方に、評価レベル(2~5級)を通知します。
  • 2級取得の方には評価レベルを判定したときの添削情報をPDFでお送りします。

11月9日(木) 認定証授与式&お祝いの会(山王健保会館

  • この会は共催翻訳会社や関連企業が1級合格者をお祝いする会です。
  • 1級取得者(合格者)には認定証を授与します。
  • お祝いの会には1~5級までの受験者全員が無料で参加できます。
  • 共催会社の社長、翻訳発注担当者、品質管理責任者も参加します。
  • 惜しくも1級を逃した方々は、翻訳発注担当者、品質管理責任者から話を聞いたり、1級合格者から合格のノウハウを吸収できる絶好のチャンスとなります。