忙しい職場はスタッフの人間関係もわるくなりがち。1人1人が働きやすい職場になるように努力すれば良いのに、忙しいと相手を思いやる余裕もなくなるんですね・・・。

学校時代から良く聞かされてはいましたけど、看護師の職場って本当に大変ですよね。
人の生死に関わる仕事なので精神的な負担がかなり大きいし、急性期の病棟の場合には、
急変やステルペンが毎日のように起きているので、常にピリピリした雰囲気があります。
それは大規模な病院に限った事ではなく、クリニックのような小さな規模の職場で働いていても、
看護師の人数が少ない事もあり、一日中忙しい状態です。(>_<:
忙しい職場というのは、いつも仕事に追われていて、仕事の事が頭から離れない状態なので、
気持ちに余裕がなくなるんですよね。

 

看護師の仕事が大変なのは、業務だけではないんですよ。
最近は、モンスターペイシェントと呼ばれる患者さんも増えていますから、患者さんや家族との関わりの中で、
クレームをつけられたり納得が出来ない事も沢山あります。
そのような精神的な負担を抱えながら仕事をしていると、職場の人間関係も悪くなりがちなんです。
職場の人間関係が悪いと、スタッフ同士のトラブルが増えるし、イライラしている気持ちのはけ口が、
スタッフに向けられてしまう事も多いんですよね。
イジメや派閥などは、その典型的だと思いますよ。(=Q=g)

 

でも、スタッフの悪口や患者さんの悪口を言ってばかりいたら、ますます働きにくくなると思いませんか?
忙しいからこそ、みんなで協力しながら、働きやすい職場を作っていくべきだと思うんですよね。
そうすれば、チームワークが取れるので、スムーズに仕事が進みますよね。
その結果、ストレスにならないと思うんです。
お互いに相手の事を思いやる気持ちがあれば、人間関係は良好になると思うんですよ。
難しい事かもしれませんが、たった少しの事で、職場の雰囲気は良い方向に変わっていくと思いますね。(^_^)